カラス駆除をする方法

  • カラス駆除はどうしたら良いのでしょうか

    • カラス駆除は「鳥獣保護法」というのがあり、それに基づかなければ駆除することはできません。
      生態系全体への影響を考慮した上で駆除を行うのです。
      基本的にカラス駆除は最寄りの市町村役場へ相談して駆除してもらうことになります。



      しかし、その前になぜカラス駆除をしなけらばならないほどカラスが寄ってくるのでしょうか。

      まずあげられるのは、ゴミです。
      ゴミを外に放置しておいたらなら、それはカラスにえさを与えているようなものです。
      カラスは賢い鳥ですから、一度味を占めると毎日やって来ます。
      そして、ゴミ袋をつつき中身を散乱させてしまいます。そうならないために、まずはゴミを外に放置しないことです。
      ゴミ出しの日にきちんと決められた場所へ出すようにしましょう。また、ゴミ袋にカラスの嫌う「からし」を練り込んであるものもあります。

      しかし、市町村の指定の袋を使用しなければならない場合は使うことができません。

      また、最近ではレーザーポインターを使ったカラス対策グッツもあります。しかし、一度駆除しても、またえさがあれば、次の繁殖期には雛が生まれ、元の木阿弥になってしまいます。



      一時的な駆除を行うのではなく、やはりえさがないというのが一番良い駆除方法なのです。



      もし、ゴミを出さなくても、カラスが増え続けるなら、それは市町村役場へ相談して、駆除してもらうしかありません。


      自分で駆除は無理です。

      駆除の専門業者もおりますので、役所から依頼をしてもらいましょう。

top